News&Topics

2020年6月30日 情報更新
2020年6月26日付で独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)より、新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価についての最終報告が下記の通り発表されました。
 
次亜塩素酸水(電解型/非電解型)のpH6.5以下、有効塩素濃度35ppm以上の条件で有効と判断する。
製造方法によらず、pHと有効塩素濃度が同等であれば消毒効果は同等とする。
 
アクア・サン70は2剤混合方式でpH5.5、有効塩素濃度80ppmで非電解型の次亜塩素酸水に該当し、上記条件に合致します。(弊社よりNITEに直接確認しています)
油断されることなく、確実にご使用いただきますようお願い致します。
 
LinkIcon NITE 新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価に関する情報公開


2020年2月27日
現在、感染が拡大している新型コロナウイルス(COVID-19)によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げます。また、罹患された方々の早期回復を心よりお祈り申し上げます。
 
厚生労働省等から発表されている通り、手洗いの励行、マスクの着用、アルコール消毒など季節性インフルエンザウイルス対策と同様な感染症対策が重要とされていますので、皆様におかれましては油断されることなく、対策の徹底をお願い申し上げます。
 
多くのお客様より、アクア・サン70の新型コロナウイルスに対する効果についてのお問い合わせをいただいておりますが、現在のところ直接的なデータをとることができない状況です。アクア・サン70のウイルス失活化につきましては、これまでのデータでご案内させていただいております通り、各種ウイルスの不活化試験で効果を確認しております。
 
アクア・サン70であらゆる箇所の殺菌・除菌を行い、対策を徹底してください。また、加湿器に入れてお役立ていただきますようお願い致します。
(加湿器の場合は超音波式で塩素濃度を30~40ppm程度に調整してご使用ください)
 
LinkIcon 厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について
 

現在のところ、アクア・サン70によるノロウイルスに対する直接的なデータはとれておりません。(データをとろうにもとれないのが現状です)


[厚生労働省 ノロウイルスに関するQ&A A2] 
『培養した細胞及び実験動物でウイルスを増やすことができないことから、ウイルスを分離して特定する事が困難です。特に食品中に含まれるウイルスを検出することが難しく、食中毒の原因究明や感染経路の特定を難しいものとしています。』
[国立感染症研究所 感染症情報センター]
『ノロウイルスは培養細胞や実験動物への感染がいまだに成功していない。』


しかしながら、アクア・サン70のこれまでのデータを間接的に比較していくと有効性は確認いただけると思います。
アクア・サン70は、芽胞菌に対して5分で殺菌できる事がデータで証明済みです。ちなみに、芽胞菌は100℃の熱湯で6~7時間煮沸し続けないと死なない菌です。芽胞菌が5分で殺菌できる事から、有効性はご理解いただけると思います。
また、過去に行ったウイルス不活化テストにおいて、次亜塩素酸ナトリウム0.2%(2,000ppm)とアクア・サン70(80ppm・160ppm・400pm)との比較テストを行い、次亜塩素酸ナトリウム0.2%(2,000ppm)とアクア・サン70(80ppm)とを比較すると10分までは同等の効果を示しており、アクア・サン70(160ppm・400ppm)では明らかな優位性がある事がデータで証明されました。
どうぞ油断されることなく、確実にご使用いただきますようお願い致します。
(詳しいデータ等をご希望の際は、弊社までお問い合わせください)
 
LinkIcon 厚生労働省 ノロウイルスに関するQ&A
 

2009年に猛威をふるった「新型インフルエンザ(A/H1N1)」について、厚生労働省は2011年3月31日に「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」上における「インフルエンザ等感染症」と認められなくなったことを発表しました。今後は季節性インフルエンザとして扱われることになり、名称は「インフルエンザ(H1N1(エイチイチエヌイチ))2009(ニセンキュウ)」と定義されました。
現在、日本国内で流行しているインフルエンザは、A/H1N1亜型とA/H3N2亜型(いわゆる香港型)、B型の3種類です。このうち、A/H1N1亜型は、インフルエンザ(H1N1)2009と同じものです。A/H1N1亜型のウイルスの中でも、2009年より前に季節性として流行していたもの(いわゆるソ連型)は、2009年の新型インフルエンザ(A/H1N1)発生後はほとんど姿を消しました。
今冬もインフルエンザの流行シーズンに入り、外出後の手洗いや適度な湿度の保持、ある程度の飛沫等を防ぐことができる不織布製マスクを着用することなどの防御策や、治療薬として抗インフルエンザウイルス薬(タミフル、リレンザ等)の服用をすることが発表されています。
このような状況において、インフルエンザウイルスに対するアクア・サン70の有効性に関して多数のお問い合わせをいただいております。
アクア・サン70は、エンベロープウイルスに対する不活化試験で効果を確認しております。
どうぞ油断されることなく、確実にご使用いただきますようお願い致します。
  
LinkIcon 厚生労働省 インフルエンザQ&A
 

 アクア・サン70は、
 A剤:高度サラシ粉
 B剤:コハク酸98%、DL-リンゴ酸0.5%、食塩0.5%、硫酸ナトリウム1%
を成分とし、食品添加物として認可されたものです。食品衛生法上、原則として使用した全ての食品添加物を物質名で食品に表示する義務があります。
ただし、下記の場合については、食品添加物の表示を省略することができます。
 *加工助剤(下記のいずれかにあてはまるもの)
  ①完成前に除去されるもの
  ②その食品に通常含まれる成分に変えられ、その量を明らかに増加されるものではないもの
  ③食品に含まれる量が少なく、その成分による影響を食品に及ぼさないもの
よって、アクア・サン70を食品の加工工程において使用した場合、アクア・サン70使用後にサッと水洗いを行っていただければ食品添加物の表示は省略することができます。
安心してご使用いただきますようお願い致します。
 
LinkIcon 日本食品添加物協会 厚生労働省Q&A
 

2020年6月30日 情報更新
2020年6月26日付で独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)より、新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価についての最終報告が下記の通り発表されました。
 
次亜塩素酸水(電解型/非電解型)のpH6.5以下、有効塩素濃度35ppm以上の条件で有効と判断する。
製造方法によらず、pHと有効塩素濃度が同等であれば消毒効果は同等とする。
 
アクア・サン70は2剤混合方式でpH5.5、有効塩素濃度80ppmで非電解型の次亜塩素酸水に該当し、上記条件に合致します。(弊社よりNITEに直接確認しています)
油断されることなく、確実にご使用いただきますようお願い致します。
 
LinkIcon NITE 新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価に関する情報公開


2020年2月27日
現在、感染が拡大している新型コロナウイルス(COVID-19)によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げます。また、罹患された方々の早期回復を心よりお祈り申し上げます。
 
厚生労働省等から発表されている通り、手洗いの励行、マスクの着用、アルコール消毒など季節性インフルエンザウイルス対策と同様な感染症対策が重要とされていますので、皆様におかれましては油断されることなく、対策の徹底をお願い申し上げます。
 
多くのお客様より、アクア・サン70の新型コロナウイルスに対する効果についてのお問い合わせをいただいておりますが、現在のところ直接的なデータをとることができない状況です。アクア・サン70のウイルス失活化につきましては、これまでのデータでご案内させていただいております通り、各種ウイルスの不活化試験で効果を確認しております。
 
アクア・サン70であらゆる箇所の殺菌・除菌を行い、対策を徹底してください。また、加湿器に入れてお役立ていただきますようお願い致します。
(加湿器の場合は超音波式で塩素濃度を30~40ppm程度に調整してご使用ください)
 
LinkIcon 厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について
 

現在のところ、アクア・サン70によるノロウイルスに対する直接的なデータはとれておりません。(データをとろうにもとれないのが現状です)


[厚生労働省 ノロウイルスに関するQ&A A2] 
『培養した細胞及び実験動物でウイルスを増やすことができないことから、ウイルスを分離して特定する事が困難です。特に食品中に含まれるウイルスを検出することが難しく、食中毒の原因究明や感染経路の特定を難しいものとしています。』
[国立感染症研究所 感染症情報センター]
『ノロウイルスは培養細胞や実験動物への感染がいまだに成功していない。』


しかしながら、アクア・サン70のこれまでのデータを間接的に比較していくと有効性は確認いただけると思います。
アクア・サン70は、芽胞菌に対して5分で殺菌できる事がデータで証明済みです。ちなみに、芽胞菌は100℃の熱湯で6~7時間煮沸し続けないと死なない菌です。芽胞菌が5分で殺菌できる事から、有効性はご理解いただけると思います。
また、過去に行ったウイルス不活化テストにおいて、次亜塩素酸ナトリウム0.2%(2,000ppm)とアクア・サン70(80ppm・160ppm・400pm)との比較テストを行い、次亜塩素酸ナトリウム0.2%(2,000ppm)とアクア・サン70(80ppm)とを比較すると10分までは同等の効果を示しており、アクア・サン70(160ppm・400ppm)では明らかな優位性がある事がデータで証明されました。
どうぞ油断されることなく、確実にご使用いただきますようお願い致します。
(詳しいデータ等をご希望の際は、弊社までお問い合わせください)
 
LinkIcon 厚生労働省 ノロウイルスに関するQ&A
 

2009年に猛威をふるった「新型インフルエンザ(A/H1N1)」について、厚生労働省は2011年3月31日に「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」上における「インフルエンザ等感染症」と認められなくなったことを発表しました。今後は季節性インフルエンザとして扱われることになり、名称は「インフルエンザ(H1N1(エイチイチエヌイチ))2009(ニセンキュウ)」と定義されました。
現在、日本国内で流行しているインフルエンザは、A/H1N1亜型とA/H3N2亜型(いわゆる香港型)、B型の3種類です。このうち、A/H1N1亜型は、インフルエンザ(H1N1)2009と同じものです。A/H1N1亜型のウイルスの中でも、2009年より前に季節性として流行していたもの(いわゆるソ連型)は、2009年の新型インフルエンザ(A/H1N1)発生後はほとんど姿を消しました。
今冬もインフルエンザの流行シーズンに入り、外出後の手洗いや適度な湿度の保持、ある程度の飛沫等を防ぐことができる不織布製マスクを着用することなどの防御策や、治療薬として抗インフルエンザウイルス薬(タミフル、リレンザ等)の服用をすることが発表されています。
このような状況において、インフルエンザウイルスに対するアクア・サン70の有効性に関して多数のお問い合わせをいただいております。
アクア・サン70は、エンベロープウイルスに対する不活化試験で効果を確認しております。
どうぞ油断されることなく、確実にご使用いただきますようお願い致します。
  
LinkIcon 厚生労働省 インフルエンザQ&A
 

 アクア・サン70は、
 A剤:高度サラシ粉
 B剤:コハク酸98%、DL-リンゴ酸0.5%、食塩0.5%、硫酸ナトリウム1%
を成分とし、食品添加物として認可されたものです。食品衛生法上、原則として使用した全ての食品添加物を物質名で食品に表示する義務があります。
ただし、下記の場合については、食品添加物の表示を省略することができます。
 *加工助剤(下記のいずれかにあてはまるもの)
  ①完成前に除去されるもの
  ②その食品に通常含まれる成分に変えられ、その量を明らかに増加されるものではないもの
  ③食品に含まれる量が少なく、その成分による影響を食品に及ぼさないもの
よって、アクア・サン70を食品の加工工程において使用した場合、アクア・サン70使用後にサッと水洗いを行っていただければ食品添加物の表示は省略することができます。
安心してご使用いただきますようお願い致します。
 
LinkIcon 日本食品添加物協会 厚生労働省Q&A
 

HOME | News&Topics